私の英語学習履歴

中学高校から大学受験時代

中学高校から大学受験時代

中学の教科書を暗記して英語の基礎力をつける

小学校の6年生の時の担任の先生から「中学に入ったら英語で落ちこぼれないようにがんばりなさい。」という忠告を受け、英語塾に週に1回通うことにしました。当時、地元にはいわゆる学習塾はなく、英語だけ教えるところが2か所だけあり、そのひとつに入りました。

この塾でのトレーニングは、意外にも効果がありました。何をやっていたかというと、中学の英語の教科書の暗記とテストの繰り返しです。週に1回暗記する範囲を割り当てられ、それを翌週テストするという単純な指導です。これにプラスして単語のテストをやりました。中2の終わりまでこの塾に通いましたが、これだけをやっているだけで学年のトップクラスの成績が取れていました。中学レベルの英語の語順や英文法の理解、英単語の暗記はこのトレーニングでマスターしました。

ただし、試験でリスニング(当時はリスニングとは言わず、ヒアリングと言っていたと記憶)はなかったので、音をまったく無視した勉強をするようになりました。音の聞き取りや再現よりも。正確な綴りを書けることが試験で試されたので、ローマ字読みで単語を覚えていきました。

例えば、castle(城)であれば「カ(ca)・ス(s)・ト(t)・レ(le)」とできるだけわかりやすいローマ字に区切って覚えていました。そのため、アクセントとか発音の問題は、音自体を知らないわけで苦手でした。

音軽視の勉強法で最初につまずいたのは中学3年生のとき受けた英検3級の試験です。確か、簡単な会話のテストがあり、それに対してほとんど答えられなかったため、不合格になってしまいました。読解系は十分な実力はあったはずですが、音声系のテストではぼろがでてしまいました。

当時は大学受験でもリスニングはほとんどなかったので、「読めればいい」と勝手に解釈して、以後も音声を完全に無視した勉強法を続けたのでした。

英文和訳重視の勉強

中学を卒業し、白線流しで有名な公立高校に入学しました。高校に入ると読解、文法、英作文が独立した教科としてあり、 中学の時と比べて一気に広がった感じがしました。この3つの中で好きだったのが文法でした。これが今でもTOEICでは役に立っているのですが、 学校から与えられた参考書のマニアックな古典的・文語的な例文も覚えていきました。この時学んだ特殊な文法事項は大学入学以降まったく目に触れることがなく、 無駄な勉強だったと今では思います。

高校2年ぐらいから、無謀にも文京区にある大学を目指すことになり地方の公立高校生のレベルを超えていく必要に迫られました。かなりの田舎に住んでいたので、近くに予備校や塾はなく、Z会、夏期講習、冬期講習でレベルの高い英語に触れる機会を増やしていきました。

このときもっとも重視したことは、英文和訳です。いかに英語をうまく日本語に訳すかということにもっとも注力しました。そのためには、のちのち読解の障害(特に読むスピード)となる返り読みは当たり前のようにやっていました。英語の読解といえば、返り読みで、頭から英文を読んで理解するという発想は全くありませんでした。いかに自然で気の利いた日本語に訳すかが最大の課題でした。

返り読みのクセはマイナスでしたが、このときにやった複雑な文の構造をとらえる訓練は後に役に立ちました。今現在、ネットで英文の新聞記事や雑誌の記事を読んで構文がすぐにつかめないことはありますが、TOEICレベルの問題では基本的に構造が理解できない英文はありません。偏差値は当時難易度の高かった駿台の模試で60~65だったと思います。決してトップレベルでなく、まあ上のほうといったところです。

私の個人的な考えではありますが、大学受験で難関大学を受け、英語をしっかり勉強した方はTOEIC向けの勉強をすれば短期間で上がるのではないかと推察しています。文法や読解に関して、むしろレベルが高いのは大学入試のほうだと思います。1~2か月といった短期で200点以上のスコアを上げる方がいますが、もともとの基礎力がある方が効率的にTOEIC対策をしたのではないかと想像します。

私の英語学習履歴